人材の確保・育成・定着

蓼科周辺の行楽地

蓼科周辺の行楽地

※お断り
ここに紹介する内容はあくまで遊び人の個人的な見解です。みなさんにご満足いただけるかどうかは保証の限りではありません。

白樺湖

テディベア美術館や遊園地・観光船が楽しい定番の観光地。

蓼科湖・蓼科中央高原

乗馬やゲームセンター・ボート遊びなど、親子で一日楽しめるアミューズメントスポット。いかにもリゾート風のマリーローランサン美術館(電話0266-67-2626)も、どうしてどうして収蔵品が充実していてあなどれません。

車山高原・霧ヶ峰高原

92C789C18ECA905E82V8ED48ER
92C789C18ECA905E82W8ED48ER

高山植物の絶好の撮影ポイント。春から秋にかけては、いつ行ってもアマチュアカメラマンがいっぱい!

車山高原・霧ヶ峰高原

ハイキングが趣味の人は広大な牧場歩きを存分に楽しめます。美ヶ原に至る霧ヶ峰ビーナスラインは一本道なので、シーズン中の渋滞は覚悟の上で…。

行楽地編
ちょっと足を伸ばすと

軽井沢

ご存じ日本を代表する高原リゾート。蓼科からは案外近くて、渋滞がなければ2時間で到着します。国道18号線が渋滞しているときの裏技は、しなの鉄道の「御代田」「信濃追分」「中軽井沢」各駅の駅前駐車場に車を駐めて、電車で軽井沢入りする手!

清里

メルヘン街道を順調に走れば2時間の距離。萌木村は土産店やレストランが集まっていて散策しやすいです。

サントリー白州蒸留所

白州、山崎、響など、サントリーが誇る高級ウイスキーを蒸留する現役の工場であると同時に、ウイスキーの歴史を紹介するミュージアムでもあります。入場料なし、ガイドツアーに参加すればウイスキーの試飲も無料! 好感がもてます。 (電話0551-35-2211)

行楽地編
有名ではないけれど・・・お勧めの蓼科

御柱の道・トレッキングコース

traking
諏訪大社の式年造営の際、二社四宮の四隅に建てる「御柱」を伐り出した森の一つがセンターの近くにあります。森には林道も整備されていて、森林浴には絶好の小径です。コース途中には先人が引いた用水用の堰や神社、清流、御柱の切り株など見所満載。ときどき小動物も飛び出します。片道約45分。箕輪平側入口近くにある陶仙房で一服して復路をまた45分。何を隠そう遊び人一押しのスポットです。

八島ヶ原湿原

spo_p16
最近はガイドブックにも取り上げられることも多くなったので、シーズン中は駐車場から車が溢れるくらいの人気エリアになりました。日本最古の湿原とも言われています。

臼田スタードーム

spo_p17
特大望遠鏡で宇宙の神秘がのぞけます。昼間も営業していますが、星空を堪能するなら晴れた日の夜に行くのがいちばん。いかにも星好きな館長が懇切丁寧に星の魅力を語ってくれます。カーナビを頼りに探すととんでもない所に案内されますから、道路標識に従って行きましょう(電話0267-82-0200)

鷹山ファミリー牧場

8CF08AB78ECA905E82Q96q8FEA
tt1

まじめに観光牧場に特化しているところが立派。乗馬、山羊散歩、乳搾り、ソーセージ作りなど、定番の牧場体験が一通り体験できます。家族連れに最適!(電話0268-69-0550)

陶仙房の陶芸体験

spo_p22
93A990E5965B

蓼科には陶芸体験ができる窯元がいくつかありますが、周辺でいちばん親切に指導してくれるのがここ。教え方が上手なので、出来上がりもまずまずです。

信州和紙の里

8E8682CC97A2
子どもたちの自由研究にお勧めなのがここ。内輪や葉書の製作が、紙漉の段階から体験できます(電話0268-68-3874)

アミューズのステンドガラス

spo_p23-(1)
ステンドガラス作家・吉川篤氏が主宰するガラス工房。手軽にステンドガラスの製作体験が楽しめます。ウッドデッキの壁に嵌め込まれているステンドガラスは、吉川氏に製作を依頼した特注品です(電話0267-55-6681)

花火

89D489CE82E2
諏訪湖は知る人ぞ知る「花火の町」。年間数回大きなイベントが開かれます。その影響からか、隣接する茅野市や立科町にも、夏季限定で巨大な花火専門店がオープンするのが恒例です。数百種類の花火が棚を埋める光景は圧巻そのもの。見たこともない変わり種花火に出会えるのも楽しいです。

ブルーベリー狩り

blueberry

釣り

spo_p26
蓼科周辺の渓流釣り情報は、ペンション「サルモニダエ」(電話0268-69-2040)や民宿「みや」(電話0268-68-0302)に問い合わせるとよく教えてくれます。イクラやブドウムシなどの餌は地元では手に入りにくいので必ず持参すること。手軽に釣りを楽しみたいなら釣り堀を利用する手もあり。姫木平の入口にある「つろーぜ」(電話0268-69-0200)が遊び人のお勧め。釣らせて楽しませる経営方針がえらい!

信州牛

spo_p27
全国的な認知度は今ひとつですが、遊び人的には信州牛はかなり高評価です。夏場限定で開店している女神湖通りの「武重精肉店」(電話0267-55-6622)の信州牛ロースは最高! 焼き肉やしゃぶしゃぶをする人はぜひ! オフシーズンは武重精肉店「佐久本店」で購入できます(電話0267-53-3019)

地場産品

jiba
遊び人の好物は、栗のような風味と歯ごたえが楽しめる無臭ニンニク。トウモロコシ、レタス、トマト、キュウリ、梨、ぶどう…。寒暖の差が大きい八ヶ岳周辺で採れる野菜は、甘みがのっていてどれも極上です。特にル・レクチェは、洋なしのイメージをひっくり返してくれる美味しさです! 地場産品の直売所「たてしな自由農園原村店」(電話0266-74-1740)「ふれあい市菜ないろ畑・芦田店」(電話0267-56-0045)などで購入できます。

ぴんころ地蔵

82D282F182B182EB
昨日までピンピンしていたのに、今朝になったらコロッと逝っちゃった…、が名前の由来。縁起でもない話ですが、ある種死に方の理想をかなえてくれるお地蔵様です。遊び人の知り合いだったJITCOのおじさんは、ここにお参りした1年後の朝の散歩中にコロッと逝きました。本当の話です。

女神湖通り

megami
センターの地元・女神湖観光のメインストリート。 通り沿いには土産屋や飲食店が数軒並んでいます。少なくともこの10年、新規開店がないのがちょっと残念…。数少ない施設の中でも異彩を放つのが「女神湖ゴーカート」。都会の遊園地からはほとんど姿を消したゴーカートですが、ここでは大人気。多いときで10人ほどが列をつくります。(0267-55-6603)

縄文のビーナス

93EA95B682CC83r815B83i83X
尖石縄文考古館(0266-76-2270)に鎮座する国宝。茅野市内の棚畑遺跡から出土した土偶で、妊娠した女性の様子を表していると言われます。遊び人は好きですね、この方…。館内には子供用に縄文時代の生活を体験できるコーナーなども設けられていて、歴史に興味のない人でも楽しめます。

康耀堂美術館と八ヶ岳美術館

94AA83968Ax94FC8Fp8AD9
蓼科周辺には大小さまざまな美術館や博物館があります。文化意識の高い地域なんですね。あいにくの雨降りの日には美術館のはしご、なんていう手もあります。森閑とした雰囲気の中で通好みの絵画を味わう「康耀堂美術館」(0266-71-6811)は遊び人のお勧め。入館料が安いのもうれしい。ユニークな企画展が楽しい「八ヶ岳美術館」(0266-74-2701)は原村ペンション村の近くにあります。

諏訪大社

suwa
諏訪大社は4か所あります。知ってますよねえ~。(諏訪湖の南側に上社本宮と前宮、北側に下社春宮と秋宮。ご参考までに…)。どの社を訪れるかは、その日のコースと目的でご随意に。下社春宮(0266-27-8316)を訪れると、すぐ近くの岡本太郎絶賛の「万次の石仏」を一緒に拝めます。ほのぼのとした良い顔しています。

海野宿

g
上田駅からセンターへ向かう途中に、東御市自慢の「日本の道百選」に選ばれた海野宿があります。650メートルにわたって江戸時代の宿場町が続き、古民家を改造した喫茶店や土産屋などがほどよく並びます。古宿場町の町並みというと、近くでは上田市内の柳町が有名ですが、情緒はこちらの方が上です。

乗馬

h1
h2

立科山の東麓にあたる佐久市・望月は、昔から良馬を産出する駒の里として知られています。いまでもマンホールの蓋に馬の絵が描かれています。毎年11月には草競馬が催されているそうですが、遊び人はまだ未体験です。良馬が多い土地柄からか、蓼科周辺には乗馬を楽しめる馬事公苑が点在しています。もちろん我々素人がすぐに馬を乗りこなすのは無理。蓼科乗馬ファーム(0266-77-3727)やホープロッジ乗馬牧場(0266-68-2017)でプロの指導を受ければ、小学生でも短時間で単身乗りが楽しめるようになります。

ダッタンそば

i
長和町が町を挙げて売り込んでいるのがダッタンそば。ルチンがふつうのそばの120倍も含まれているそうです。遊び人はルチンが何だか知りませんが…。ダッタンそばの魅力を全国に発信しようというのが大門街道唯一のカフェ「緑の花そば館」(0268-68-0520)。ダッタンそばマニア必見のスポットです。

黒曜石

j1
j2

長和町のもう一つの自慢が黒曜石産出日本一を誇ること。旧石器時代から縄文時代に至る3万年の間、黒曜石で作られた石器を全国に供給し続けたそうですが、いかんせん話が古すぎてそのありがたみが分かりません。いまは小学生の自由研究用の工作に利用される以外あまり見かけない気もしますが…。工作体験は黒曜石ミュージアムへ(0268-41-8050)

御射鹿池

k
奥蓼科にひっそりと佇む静かな貯水池。東山魁夷の絵画「緑響く」のモチーフとして有名です。晴れた日に森翳が湖面に映る神秘的な情景は、カメラが趣味の人にはたまらない被写体です。

PAGETOP
Copyright © マルチコントラクター協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.