人材の確保・育成・定着

お食事

お食事

※お断り
ここに紹介する内容はあくまで遊び人の個人的な見解です。みなさんにご満足いただけるかどうかは保証の限りではありません。

牛乳専科もうもう

spo_p07
高原の牛乳やソフトクリームを気軽に楽しめます。センターへ来たら、まずはご挨拶代わりに牛乳を一杯、という存在です。 (電話0267-55-7557)

望月高原ヨーグルト

b
もう一か所ご挨拶かわりの立科の一杯が「望月高原ヨーグルト」(0266-54-2075)。香料や安定剤を一切使わず、濃厚なのにすっきりとした後味が残ると評判です。H.P.では〝一日400リットル限定生産〟と購買意欲をあおっていますが、大抵いつでもいただけます。

オテル・ド・ミロワール

83I83e838B
83I83e838B82Q

女神湖のペンションでは珍しいディナーだけでもOKのお店。事前予約が必要です。本格フレンチの趣で、ボリュームもあり、満足できます。(電話0267-55-7007)

陶仙房

spo_p08
93A990E582Q

センターから白樺湖へ向かう途中にある焼き物と軽食のお店。自家製ケーキや五穀米のキーマカレーが人気です。オリジナルの陶器も温かみがあって、普段使いに最適です。(電話0267-55-7500)

BELL

92C789C18ECA905E82Q83x838B
女神湖通りの南端に位置するレストラン。朝9時オープンなので、朝ご飯を食べるには便利です。 女神湖通りのお店は不定休が多いので、前日に予約しておいた方がよいでしょう。(電話0267-55-6200)

ポテト

837C83e83g
白樺湖西岸にあるカントリーレストラン。名物の蓼科牛のステーキはお値段少々高めですが、他の一品料理は通常のリゾート価格です。(電話0266-68-2175)

花陶房

spo_p09
白樺湖東岸にある和風喫茶。おそらく周辺でおいしい和風甘味を味わえるのはここだけです。 (電話0268-60-2775)

お食事編
ちょっと離れた所では・・・

森の音楽家

spo_p10
姫木平にあるジャズライブを聞きなから食事ができるレストラン。ライブは夏場は毎晩、オフシーズンは不定期開催なので要確認。(電話0268-60-0135)

オーベルジュ・ドゥ・ラ・メイジュ

92C789C18ECA905E82R838183C83W8385
車山スキー場の麓にある本格フレンチが味わえるペンションレストラン。地元の食材を生かしたディナーは本当に美味しいです。 お値段ちょっと高めなので、何かの記念日などに訪れては?(電話0266-68-3939)

マンジャタント

spo_p11
おそらく蓼科でも1・2位を争う人気店。シーズン中は予約なしではまず入れません。 しかも1時間半の入れ替え制! 有名店へ行ってきました、と吹聴したい人向きですね。 (電話0266-67-5550)

カナディアンファーム

spo_p12
原村にある廃材を利用したログハウスを中心としたコミュニティー。個性的なオーナーが主宰する様々な体験学習が人気を集めています。テレビでも紹介されたレストランのレシピは珍しいケベック料理。自家製の燻製が名物です。(電話0266-74-2741)

カントリーキッチン

spo_p29
92C789C18ECA905E82S82A88Eq97l

富士見高原のペンション村入口付近にあるショップやベーカリー・体験工房など多彩な顔をもつレストラン。かなり混んでいても、料理が比較的早く出てくるのが嬉しい。リゾート地では珍しいお子様ランチもあります。(電話0266-66-3339)

職人館

90E90l8AD9
92C789C18ECA905E82T90E90l8AD9

田園風景の中に佇む蕎麦屋さんです。蕎麦も美味しいし風情も良し。信州に来たな、と思わせてくれるひとときを過ごせます。(0267-52-2010)

Epi

92C789C18ECA905E82U83G83s
立科にはいくつも「別荘族御用達のベーカリー」なるものがありますが、遊び人の一押しは奥蓼科にあるここ。パンの種類も多くて、朝だけではなく夕方にも焼き立てが店頭に並ぶのがうれしい。家族経営でフレンドリーな接客も売りなのですが、無理矢理店を手伝わされている娘の無愛想がちょっと残念…。(0266-67-5311)

岡谷のうなぎ

82A482C882AC
うなぎで町おこしを推進中の岡谷には、さすがに美味しいうなぎ屋さんが沢山あります。諏訪方面へ遊びに行ったらぜひ召し上がってください。時間がなければ持ち帰り蒲焼きという手も。でも、うなぎのまちのマスコット「う~なちゃん」はやめて欲しいという声しきり…。
linkicn

佐久のケーキ

佐久は神戸・自由が丘と並んで日本3大ケーキの町なんですと 横浜や青山をさしおいて3番目に収まる大胆さも素敵ですが、あまりクレームがつかないのをいいことに、ホームページまで開設してしまう既成事実作りの巧みさにも頭が下がります。センターへ上る前に、夜のデザート用に買っていくのもいいでしょう。
btn_map_on

マハロカフェ

c
c2

遊び人は知らなかったのですが、口コミによると「世界を股に掛ける美人ヴァイオリニストのシェフと、イタリアワインの正式なソムリエのダンディーなご主人と、歌姫で看板娘のマダムのサービス」が売りのレストランです。雰囲気良くお味もGOODです。定期的にギターやバイオリンのライブも催されます(0266-77-3258)

るるか

d
なんと週末しか営業していない幻のカフェテリア 。しかも本日のケーキが売り切れると早めに閉店してしまうので、蓼科訪問歴50回を数える遊び人も1度しか訪れたことがありません。案の定この日もケーキは売り切れ。カリスマ小学生デザイナーもぶんむくれ…(0266-67-6334)

ちゃいぶ

e
奥蓼科から蓼科高原へ抜ける街道の途中にあります。所々に看板があるのですが、なかなか見つからないのでご注意を。この日は雑貨だけを見るつもりが、店主のご好意でコーヒーをご馳走になりました。セレブなマダムがロハスな余生を過ごしながらこぢんまりとカフェを営む。立科にはそんなお店も多いです(0266-67-4144)

PAGETOP
Copyright © マルチコントラクター協同組合 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.